Sitemap

Linuxでweblogicバージョンを見つける方法は?

この記事では、Linux で weblogic のバージョンを確認する方法を紹介します。

Linux で weblogic のバージョンを確認するには、次のコマンドを使用します。

$ ウナメ -a

これにより、システムの名前とアーキテクチャが出力されます。出力は次のようになります。

Linux

64 ビット システムを使用している場合は、「x86_64」を「x86」に置き換えます。次に、次のコマンドを使用して、インストールされている weblogic のバージョンに関する情報を取得します。

$ wget http://downloads.apache.org/repos/asf/weblogic/

  1. 0-33-ジェネリック x86_64
  2. 0/binaries/windows32/wbextract_900022zip $ unzip wbextract_900022zip $ cd weblogic-9000223 $ ./wbextract --version > wbemVersionString.txt && echo "Weblogic 9000223" >> wbemVersionString.

Linuxでweblogicバージョンを見つけるコマンドは何ですか?

Linux で weblogic のバージョンを確認するコマンドは次のとおりです。

# weblogic バージョン

Weblogic のバージョンは、次のコマンドを使用して確認できます。

このコマンドの出力には、システムにインストールされている現在の weblogic のバージョンが表示されます。

Linux で weblogic のバージョン情報はどこで確認できますか?

Linux で weblogic のバージョン情報を確認するには、次のコマンドを使用できます。

$どのウェブロジック

64 ビットの Linux システムを使用している場合は、次のコマンドを使用する必要があります。

$ which weblogic64

lsof ユーティリティを使用して、weblogic に関連付けられているプロセスに関する詳細情報を取得することもできます。たとえば、weblogic プロセスが使用しているポートとプロトコルを知りたい場合は、次のコマンドを実行できます。 grep -i ウェブロジック

または、システム上で ourweblogic がアクセスできるすべてのファイルを表示する場合は、ls –al オプションを使用できます。例: $ ls –al /usr/lib/weblogic*

システムから weblogic をアンインストールするには、いくつかの方法があります。パッケージマネージャーを使用するか、ディレクトリを直接削除することで削除できます。

Linux で weblogic のバージョンを確認するにはどうすればよいですか?

記事上で

ターミナル ウィンドウからいくつかの簡単なコマンドを実行して、Linux で weblogic のバージョンを確認する方法を示します。

これは、システムで Weblogic の十分に新しいリリースが実行されているかどうか、およびそのシステムの更新が利用可能かどうかを確認する簡単な方法です。

ここではサンプル システムとして Ubuntu 1404 LTS (Trusty Tahr) を使用しますが、これらの手順のほとんどは他のバージョンの Linux でも機能するはずです。

まず最初に、コンピュータに Java がインストールされていることを確認してください。java.com からダウンロードできます。 Java がまだインストールされていない場合は、次のように入力してインストールしてください: sudo apt-get install java 次に - ターミナル ウィンドウを開き、次のように入力します。現在、私たちのマシンにインストールされています

次に、次のように入力して、現在アクティブになっているものを確認しましょう。 grep jdk 次に、その情報を使用して、マシンで現在実行されている Weblogic のバージョンを確認します。

これを行うには、次のコマンド ライン構文を使用します: whichwebalizer 出力は次のようになります: /usr/bin/java -version Weblogic バージョン :

  1. ターミナル ウィンドウで、次のコマンドを入力します。 Ubuntu または Debian を使用している場合、出力には weblogic のバージョンが 5-cdh として表示されます Red Hat Enterprise Linux (RHEL)、CentOS、Oracle Linux、または SUSE Linux Enterprise Server を使用している場合(SLES)、出力には weblogic バージョンが 0_02-cdh4 としてリストされます。Windows を使用している場合、出力には weblogic バージョンが 1 としてリストされます。

Linux で weblogic サーバーのバージョンを確認する方法はありますか?

これを行う簡単な方法はありません。weblogic サーバーのコンソールにアクセスして、システムにインストールされている Java のバージョンを確認するには、java -version のようなコマンドを使用する必要があります。Java がインストールされていない場合は、次のコマンドを使用してインストールできます:sudo apt-get install javaターミナル ウィンドウでこのコマンドを実行して、Java のバージョンを確認することもできます:java -version Ubuntu などを使用している場合Debian ベースのディストリビューションの場合、ターミナル ウィンドウを開かなくても weblogic サーバーのバージョンを確認する簡単な方法があります。これを行うには、Web ブラウザーを開き、次のアドレスを入力します。http://localhost:8080/weblogic/systemInfo これにより、Weblogic サーバーに関する情報を表示するページが表示されます。このページには、「サーバー バージョン」というタイトルのセクションが表示されます。このセクションのバージョン番号がターミナル ウィンドウに表示されているバージョン番号と一致する場合、WebLogic サーバーは現在正常に動作しています。Windows を使用している場合、WebLogic サーバーを確認する簡単な方法は現在ありません。ターミナルウィンドウを開かずにバージョン。ただし、weblogic サーバーが現在正常に動作しているかどうかを判断するのに役立つサード パーティ ツールがいくつかあります。そのようなツールの 1 つが WLST (Weblogic Server Test) です。このツールは http://www2.ibm.com/developerworks/linux/library/l-wlst/ からダウンロードできます。WLST をダウンロードしてインストールしたら、それを開いて次のコマンドを入力します。

wlsinfo |もっと

これにより、バージョン番号を含む weblogic サーバーに関する情報が表示されます。この数値がターミナル ウィンドウに表示されている数値と一致する場合、WebLogic サーバーは現在正しく機能しているように見えます。ただし、WebLogic のインストールで問題が発生した場合 (たとえば、インストール中に破損した場合)、WLST はこの事実について何も通知できない場合があります。このような場合、インストールに存在する可能性のある問題を解決するための支援を受けるために、IBM のサポート担当者に直接連絡する必要がある場合があります。 VERSION)Linux のさまざまなディストリビューションにはさまざまなバージョンの Java がプリインストールされていますが、Windows にはデフォルトで Java ソフトウェアがあらかじめパックされていないため、ブログのバージョンを確認する限り、決定的な答えはありません。彼らはwlstを試すことができますか?LinuxマシンにインストールされているJREを見つける方法について説明している記事を見つけましたが、他の方法を知っている人はいますか?私はそうは思わない!ごめんなさい:(質問してくれてありがとう!現時点で私が提案できる具体的なことは他にありません...他の誰かが調査中に何かに出くわさない限り!:-) 残念ながらあまり希望がないようです:( もう一度ごめんなさい!) 誰かが調査中に特定の何かを見つけない限り...

Linux で weblogic -version コマンドは何を返しますか?

Linux で weblogic -version コマンドを実行すると、次のものが返されます。

java version "システムにインストールされている Java のリリースを調べるには、次のコマンドを入力します: java -version

64 ビット アーキテクチャを使用している場合は、「java」コマンドで「-server」フラグを使用して、実行中のサーバー JVM に関する情報を取得する必要があります。 java -server

システムにインストールされている Tomcat のバージョンを確認するには、次のコマンドを入力します。 tomcat -version

システムにインストールされている Glassfish のバージョンを確認するには、次のコマンドを入力します。

特定のバージョンの Glassfish または Tomcat をインストールする場合は、それを「java」または「tomcat」コマンドの引数として指定します。たとえば、バージョンをインストールする場合

  1. 0_27" Java(TM) SE ランタイム環境 (ビルド 0_27-b0
  2. java -jar glassfish-2/glassfish-2-bin.jar わかっている場合は、特定のリビジョン番号を指定することもできます: java -jar glassfish-2/glassfish-2-bin. * GlassFish と Tomcat のすべてのリリースにすべてのリビジョン番号が含まれているわけではないことに注意してください。たとえば、3 は 0 としてリリースされ、* は次のようにリリースされました。

Linux システムにインストールされている weblogic サーバーのバージョンを確認するにはどうすればよいですか?

Linux システムで weblogic のバージョン番号を確認するにはどうすればよいですか?Linux システムで weblogic サーバーをアップグレードするにはどうすればよいですか?Linux システムで weblogic サーバーをアップグレードする手順は何ですか?Linux システムに同時に複数のバージョンの weblogic をインストールできますか?Linux システムから weblogic をアンインストールするにはどうすればよいですか?Linux システムに weblogic をインストールして使用するためのドキュメントはどこにありますか?

$ java -バージョン

Java が見つからないというエラー メッセージが表示された場合は、このガイドを続行する前に Java インストールを更新する必要があります。Ubuntu または Debian ベースのシステムを実行している場合は、次のコマンドを実行して Java を更新できます。

sudo apt-get update sudo apt-get install sun-java6-jre

Red Hat または CentOS ベースのシステムを実行している場合は、次の手順に従ってください: http://www.oracle.com/technetwork/articles/java/javase7-installation-guide-195832

$ sudo yum updateweblogic

  1. インストールされている Weblogic のバージョンを確認するには、次のコマンドを使用します。
  2. 出力には、現在インストールされているすべてのバージョンの Weblogic が一覧表示されます。
  3. 現在インストールされているバージョン番号を確認するには、次のコマンドを使用します。
  4. html#JavaForCentOS7 の更新
  5. インストールされている Weblogic のバージョンを特定したら、次のコマンドを使用してアップグレードします。

Linux システム上の Weblogic Server バージョン ファイルのファイル パスは何ですか?

Weblogic Server バージョン ファイルは、Linux システムの /etc/weblogic ディレクトリにあります。たとえば、Ubuntu を使用している場合

/etc/weblogic/server/

  1. 04、パスは次のようになります。

Linux ディストリビューション上の Weblogic Server を含む、現在インストールされている RPM パッケージをどのように表示しますか?

Linux ディストリビューション上の Weblogic Server を含む、現在インストールされている RPM パッケージを表示する最も簡単な方法は、rpm -qa コマンドを使用することです。このコマンドは、インストールされているすべての RPM パッケージ (Weblogic Server を含む) を一覧表示します。yum install weblogic コマンドを使用して、Linux ディストリビューションに Weblogic Server をインストールすることもできます。

Weblogic Server の Yum 履歴情報は、どの以前のバージョンがインストールされたかを示します。これは、現在のインストール情報や Weblogic が使用する lib ディレクトリを特定しようとするときにどのように役立ちますか?

このガイドでは、yum history コマンドを使用して Weblogic Server のバージョンやその他の重要なインストール情報を確認する方法を説明します。これは、Weblogic が使用する現在のインストール ディレクトリまたは lib ディレクトリを特定しようとする場合に役立ちます。

yum history コマンドを使用するには、まずターミナル ウィンドウを開いて次のように入力します。

ヤムの歴史

このコマンドの出力には、システムにインストールされているすべてのパッケージとそれに対応するバージョンが一覧表示されます。次の例は、以前にインストールされた Weblogic のバージョンを確認する方法を示しています。

バージョン: 1.5.1-dev (Sun Apr 5 08:41:05 PDT 2007) システム: Linux 2.6.18-238.el5xen アーキテクチャ: x86_64 インストール サイズ: 1059M 現在のサイズ: 1059M パッケージ: weblogic、webapps、wls-ejb、 wls-webapp、db2javaee7、javax_wsdl_extensions インストール日時 : Sun Apr 5 08:41:05 PDT 2007 インストール理由 / ステータス : 成功 パッケージ weblogic の概要情報: - 「Weblogic」を提供Web Application Server - Sun Apr 5 08:41:05 PDT 2007 にインストール - 正常にインストールされたパッケージ weblogic の依存関係には、db2javaee7 と javax_wsdl_extensions が含まれます。また、yum で --showformat オプションを使用して、システム内の各パッケージに関する詳細情報を取得することもできます。その依存関係とビルド時間情報 (利用可能な場合)。たとえば、yum --showformat=dependency と入力すると、どのパッケージが他のパッケージに依存しているか、およびその依存バージョンが何であるかが表示されます。システムにインストールされているすべてのパッケージのリストを表示するには、 yum list と入力します。